読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の国はここがおかしい

将来の希望を失いつつある日本、国民が安心して生活できる国になるにはどうすればいいか

初めて池田信夫氏の意見に賛同できた。会社を辞めても人生の終わらない社会

池田氏がJBPRESSの「電通を血祭りに上げても労働者は救われない」の中で「根本的な原因は、日本の資本市場や労働市場が機能しないために新陳代謝がきかず、広告代理店やマスコミのような未来のない会社がいつまでも残ることだ。労働者を救うためには、中途退社や中途採用を自由にし、会社を辞めても人生の終わらない社会にする必要がある。」

と述べている。薄学にして広告代理店やマスコミが未来のない会社か否かは知らないが、この意見には賛同できる。

今迄、池田氏の意見には異論を感じることがほとんどであったが、今回のこの部分に関しては無条件に賛成である。

収益も上げられず、未来もない会社が低賃金だけを頼りに存続し、安い金額で仕事を続けることが、他の将来性のある企業の発展を妨げ、日本の生産性を低く抑え、賃金の上昇を妨げている。

このような会社はむしろ倒産することが日本の利益である。

その時問題になるのが、日本の労働市場流動性のなさである。会社を辞めて中途で再就職しようとしても、なかなか仕事が見つからず、見つけても大幅に待遇が悪化し、ともすると仕事を見つけられずホームレス状態に陥るのが日本の現実である。

だから、人々は会社に縛られ、居住の自由を奪われ、人生の時間の大部分を会社に縛られ、ただ働きを強制されることになる。加重な時間外労働を実質的に強制されうつ病になったり自殺になるまで追い込まれてしまう。

会社の命令で、必要も無いのに物を買わされることも良くある。これらの人権侵害や実質的な搾取が日常的に行われるのも、日本社会の労働流動性が乏しいことに起因する。

何時止めても、自由に前職と同程度の待遇で正社員として採用されるような、中途採用市場の整備が労働者の為だけではなく、日本の生産性アップの為にも急務である。